ローションパック 化粧水

ローションパックとは、コットンに化粧水を含ませて、お肌にある程度程度貼り付けておく方法のことを言いますね。

ローションパックとは、コットンに化粧水を含ませて、お肌にある程度程度貼り付けておく方法のことを言いますね。このローションパックをさらに効果的に保湿をするためには、パックをする際にパックの水分が空気中に蒸発をしにくい『ナイロン』や『ビニール』などの素材でフタをするタイプのパックをお勧めします。けれども、保湿する時間を間違うと肌から水分を失ってしまうこともあります。そして余計肌を乾燥させてしまうことにもなりかねません。敏感肌や乾燥肌に悩む人は、必要以上の水分を肌に与えるのは注意が必要です。
そして、ローションパックの後は、しっかりと油分で水分の蒸発を防ぐことがとっても大切。
せっかくパックで水分を与えても、それが全て蒸発してしまっては意味がありません。しかも、水分が蒸発するときにもともと肌が持っていた水分まで一緒に蒸発してしまうこともあるのです。

大切なのは水分と油分のバランスなんですね。

そして、ローションパックの仕上げとして油分で水分の蒸発を防ぐのにお勧めなのがシアバターなんです。
シアバターとは、アフリカ中央に生息するシアの木の種子から抽出した天然油分のことです。ガーナ北部では厳しい乾燥からお肌を守るために重宝されてきました。赤ちゃんでも使用できる優しい成分が特徴です。食用として用いることも可能なほど、安全な成分で実際、主要な輸出国の内部では食用のバターとして用いられているところも多いくらいです。
また、シアバターに含まれる美容成分は、人間の皮脂の主成分であるオレリン酸をたっぷり含んでいます。人の皮脂と似た成分ですので、肌にとても馴染みやすく水分の蒸発も防ぐため乾燥肌改善に効果があります。

ローションパック 化粧水
前のページへ戻る

ローションパック 化粧水|株式会社ラ・クレアシオン

PageTop