敏感肌 化粧品

化粧品で刺激を受けやすい敏感肌の方は、自分に合った化粧品を探すことがとても大切です。
そこで、どのような成分が刺激になりやすいのか?どんなポイントを押さえて化粧品を選ぶのかについてご紹介します。特に乾燥肌や敏感肌の方、シミやしわに悩んでいる方は、しっかりと化粧品を選ぶ際のポイントをしっかりと押さえてから化粧品を選ぶことをお勧め致します。

化粧品で刺激を受けやすい敏感肌の方は、自分に合った化粧品を探すことがとても大切です。
そこで、どのような成分が刺激になりやすいのか?どんなポイントを押さえて化粧品を選ぶのかについてご紹介します。特に乾燥肌や敏感肌の方、シミやしわに悩んでいる方は、しっかりと化粧品を選ぶ際のポイントをしっかりと押さえてから化粧品を選ぶことをお勧め致します。

・鉱物油・ミネラルオイル
鉱物油は、ミネラルオイル、パラフィン、流動パラフィン、マイクロクリスタルンワックス、ワセリン、セレシン、モンタンロウなど様々な名前で表記されています。
現在、化粧品に使われている鉱物油は、石油を分留・精製し、不純物を取り除いた純度の高い油だけではありますが、敏感肌の方は避けたほうがベターでしょう。

・エタノール
アルコールやエタノールが入った化粧水は、敏感肌の方には刺激が強すぎる可能性があります。エタノールは、化粧品に配合されていることが多く、揮発性という性質があるために肌に負担をかけがちです。蒸発する際に肌の水分を一緒に持っていってしまうからです。

・香料
成分表示では「香料」と表記されていることが多く、実際に、その香料にどんな種類の化学物質が使われているかを知ることはできません。「香料無添加化粧品」もしくは「着色料無添加化粧品」と表記されている商品が安全でしょう。

敏感肌 化粧品
前のページへ戻る

敏感肌 化粧品|株式会社ラ・クレアシオン

PageTop